釜石市と持続可能な観光

岩手県釜石市

釜石市公式ウェブサイト

東北・岩手県の南東部に位置している人口約35,000人の小都市。世界遺産構成資産「橋野鉄鉱山」を有する、鉱物資源に恵まれた近代製鉄発祥の地です。
海岸部ではリアス海岸の特徴的な自然環境と天然の良港を形成し、その先の太平洋には、世界三大漁場の一つである三陸沖が広がります。
市東部の沿岸部は三陸復興国立公園、また市西部の山林は五葉山県立自然公園、市北西部の和山湿原は都道府県自然環境保全地域にそれぞれ指定されており、豊かな自然環境の保全が図られています。
2011年に発生した東日本大震災による津波で、釜石市も甚大な被害を受けました。三陸地方は、周期的に津波が襲来する土地であり、自然の恵みの享受と同時に、その大いなる脅威に対峙し続けて参りました。

 ー世界に開かれた三陸の中核都市として 先駆的なまちづくりへの挑戦ー
釜石オープン・フィールド・ミュージアム構想の実現に向け、持続可能な開発目標(SDGs)の視点を取り入れ、持続可能な観光(サステイナブル・ツーリズム)の仕組みづくりに取り組んで参ります。

持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)

「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)は、2015年9月25日に、ニューヨーク国連本部で開催された国連サミットで採択されました。
2016年から2030年までの、先進国を含む国際社会全体における共通の開発目標です。
「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し、17の目標と169のターゲットが設定されています。

持続可能な観光(サステイナブル・ツーリズム)

「持続可能な観光」(Sustainable Tourism)は、国連世界観光機関(UNWTO)により、次のように定義されています。『訪問客、産業、環境、受入れ地域のニーズに適合しながら、現在と未来の経済、社会、環境への影響に十分配慮した観光』
国連世界観光機関(UNWTO)を含む約30の国際機関等から構成されるグローバルサステイナブルツーリズム協議会により、国際社会における持続可能な観光のあり方の共通理解と質の向上のため、国際基準GSTC(Global Sustainable Tourism Criteria)と認証制度が定められています。
釜石市は、国際基準の認証機関の一つであるGreen Destinations(オランダ)のプログラムを取り入れ、持続可能な観光開発を進めております。

参照
釜石市観光振興ビジョン
釜石市オープンシティ戦略