コンセプト

サステナブルツーリズム(観光SDGs)

釜石は、サステナブルツーリズム(観光SDGs)
先進地を目指して取り組みを続けています。

まち全域が「屋根のない博物館」としてプロデュースされている釜石は、「住民が生き生きと暮らせるまちこそ、真に楽しめる観光地である」という理念のもと、4つの指標に沿った 「持続可能な観光地」 の実現を目指しています。

  • マネジメント

    社会経済・文化・環境のバランスの取れた観光を実現するための、管理・運営を行う。

  • 社会経済

    地域経済・コミュニティに、ポジティブな影響を与える。

  • 文化

    有形・無形の文化遺産を保護し、かつ利用しやすい形にする。

  • 環境

    資源を有効活用し、かつ自然環境への負荷を減らす。

これら指標の実現のため、2016年、「持続可能な観光(サステナブルツーリズム)」の国際基準(GSTC)を取り入れることを決定し、取り組みを続けてきました。その結果が初めて出たのは2018年。

観光地の国際的な認証機関である「グリーン・ディスティネーションズ」において、日本で初めて「世界の持続可能な観光地100選」に選出されました。

その後も、持続可能な観光(=サステナブルツーリズム)への取り組みについて、数々の評価や賞をいただいています。

主な実績

日本で初めて、「世界の持続可能な観光地100選」に選出
「世界の持続可能な観光地100選」に2年連続で選出。
「グリーン・デスティネーションズ・アワード」ブロンズ賞を受賞。
「サステイナブル・デスティネーションズ・アワード」アジア太平洋部門シルバー賞を受賞。
「世界の持続可能な観光地100選」に3年連続で選出。
「世界の持続可能な観光地100選」に4年連続で選出。
  • 世界の持続可能な
    観光地 100 選
    2018年 選出

  • 世界の持続可能な
    観光地 100 選
    2019年 選出

  • 世界の持続可能な
    観光地 100 選
    2020年 選出

  • グリーン・デスティネーションズ・アワード
    ブロンズ賞受賞

釜石の主な取り組み

  • 観光SDGsマネジメント(全体計画策定、運営管理、モニタリング等)
  • 観光従事者を増やす活動(体験プログラムの企画、インストラクターの養成など)
  • 釜石小中高校への観光教育の実施
  • 地域商社事業による、食材の地域調達率を上げるための活動(ジオ弁当、ジェラート)
  • 津波の伝承活動、および防災教育への取り組み
  • 森林クレジットの購入による、来訪者へのカーボンオフセット
  • プラスチックを使用しないイベント開催
  • 岩手大学、東京大学海洋研究所と連携した、学習プログラムの企画運営
  • 廃食油を活用した社用車の利用(バイオエネルギーの活用)
  • など

国連世界観光機関(UNWTO)は、SDGs達成において「持続可能な観光(=サステナブルツーリズム)」は重要な役割を担っている、としてその必要性を強調しています。
「持続可能な観光」への取り組みは、観光を通したSDGsへの取り組みともいえるのです。
住民が生き生きと暮らせるまちを作るため、 釜石は今後も「サステナブルツーリズム(観光SDGs)」に注力して取り組んでまいります。

  • 釜石の豊かな自然を体験
    できるプログラム

    詳しく見る

  • SDGsについて学べる
    ワーケーションプログラム

    Coming Soon

  • 釜石の観光SDGsについて、
    より詳しい説明を見る。

    Coming Soon