釜石での研修プログラム

2011年3月11日(金)午後2時46分。
私たちにとって、一生忘れられない出来事が起こりました。
「東日本大震災」
来年2021年は、それからちょうど10年の節目になります。
「釜石の奇跡」
私たちは以前から、皆さんから「奇跡」と呼んでいただける題材を持ち合わせていました。
ただ、その教訓を皆さんに十分に共有しきれていた、とは言えません。
このままでは、震災が風化していってしまうのではないか。
その危機感とともに、この節目の年に向けて、新たに社会人の方に向け研修をリリースすることにしました。
改めて、自分たちの事例を振り返る中で、私たちが気付いたこと。
私たちは何も、特別なことをやっていたわけではない。
ただ、真摯に本気で、津波という脅威に向き合ってきた、その自負はあります。
そして、それは「奇跡」と呼ぶよりも、日々の意識・訓練に基づく「必然」として捉えるべきなのではないか。
私たちは今そのように、あの日の出来事を振り返っています。
私たちは「リスクマネジメント」や「組織づくり」の専門家ではありません。
しかし、「津波から命を守る」ために何を優先すべきか、考え・実践してきた経験はそこに活かせるはず。
皆さんに今一度、組織として「本当に大切にすべきこと」を見つめ直すきっかけを創りたい。
釜石の地で、そんな心に残る研修をお届けできたら、嬉しく思っています。

研修プログラム1

教員向け 自治体職員向け
生徒の自主性を
引き出す「釜石式」防災教育研修

詳細はこちら

研修プログラム2

企業向け
震災から学ぶ
リスクに強い組織づくり研修(in 釜石)

詳細はこちら
研修資料ダウンロード

研修プログラム3

先進DMO事例研修
(株)かまいしDMCのケースワーク
(工事中 お問い合わせください)

お問い合わせ先

080-2823-1221(かまいしDMC 担当:河東)
kato@dmo-kamaishi.com